ものもーす

Feed Rss

インテル新型CPU Haswell登場 CPU&マザーボード情報(6/2 0:00公開)

06.02.2013, デジモノ, by .

あさなまです。Intelが新型CPUアーキテクチャを発売しました。事前に資料を入手していたのでいち早く公開します。

 

Haswell CPUラインナップ

haswelllist

 

クリックで拡大

PC向けのCorei5とi7、サーバー向けのXeonE3に分かれています。TDPはCorei7-3770の77Wから若干上昇し84Wになっています。ほぼ形式継承になったラインナップとなります。CPUソケットはLGA1150になり、従来のCPUとの互換性は無くなっています。メモリはDDR3のままですから、自作機をお持ちの場合はCPU&マザーボードを買い換えればOKです。入手するチャンスはあったのですが、残念ながら手元に製品がないので、海外サイトからの画像を転載します。

(出展:http://linustechtips.com/main/topic/20452-german-site-leaks-4770-data-and-benchmarks/

IMG_0116-b17f521920a4f268

外装。LGA1150と記載されています。左下の人はちょっと不気味

CPU_verpixelt-f2d41ca57c0ae466CPU_hinten-5fd1ca2be5ff8c85

LGA1150ソケット部です

4673_03_intel_core_i7_3770k_lga_1155_ivy_bridge_cpu_review

参考:LGA1155

見比べると、左右上部のピンが減っています

LGA1150-8f775370ece1d6a0

LGA1150スロット部。ぱっと見あまり違いはありません

Luefter-46f13ca7dc25d209

CPU付属のファン

Corei7-4770-IDLE-6af31255210351ab

Corei7-4770-Last_AlleKerne-218d9e33a1c26c3a

CPU-Zによるプロセッサー情報

スペック的にはCPUはあまり変化していないように感じます。実際体感できるほどの高速化はされていないとおもいます。オーバークロックをするなどの目的が無ければ4770Kより4770無印モデルのほうがお得です。

ASUSマザーボード

公開厳禁のため公開したくてもできなかったASUSマザーボードです。ほぼ同時と思いますが日本一早く公開します。今までは青色基調だったのですが、新型は金色になっていてゴージャスな雰囲気。

Z87-DELUXE 店頭価格 35,000円前後

Z87 DELUXE

Z87チップセット最上級モデル。一部項目が変ですがなんとか読んでください(汗)DDR3-2800まで対応、SATA3.0(6BG/s)を10ポート、最新のIEEE802.11AC規格無線LAN内蔵、豊富なUSBなど豪華装備です。Z77ではSATA3.0が2つしかなかったのですが、今回はSSDRAIDも組みやすいですね。フルポート対応ならSSD8台+HDD+ブルーレイという構成も手軽にできそうです。資料に記載されていないのでRAID搭載は不明ですが、今までのスペックからして無いわけがない。DisplayPortも標準とMiniで2つ、HDMIポートも1つありますが、今まで主流だったDVIポートが消えています。GigabitLANも2ポートあるためいろいろな用途に使えそうです。

Z87-PRO 店頭価格 26,000円前後

Z87 PRO

Z87の上位機種。上記DELUXEまでのスペックはいらないけどハイスペックがいい、という方におすすめです。普通にいいPCを組みたい場合はこれで充分です。DELUXEとのスペック上の違いはSATAが10→8ポートに、IEEE802.11ACがないのですが、逆に映像出力端子が多く、内部USB端子も多いので拡張性は高いかもしれません。価格差が大きいので、DELUXEよりPROにして拡張するのがいいかもしれません。

Z87-PLUS 店頭価格 23,000円前後
Z87 PLUS

Z87-PROとあまりスペックが変わらないモデルです。無線LANが無い以外はスペックは近いのですが、この機種はPCIスロットが2本ついています。PCIカードを持っている場合、資産を活用することができるモデルです。

Z87-A 店頭価格 20,000円前後

Z87 A

Z87のエントリーモデルです。上記製品群に比べスペックが見劣りするような気がしますが、そんなことはなく、よほどスペック強化をしない限りは充分すぎる構成です。他機種に比べ価格が安いのがポイント。

Z87-M-PLUS 店頭価格 16,000円前後

Z87M PLUSZ87チップセット唯一のマイクロATXモデルです。手元資料の価格が間違っていなければ最安モデルにもなるので、予算をおさえたATXケースに使うのもいいかもしれません。上記Z87-Aに近いスペックになっています。

SABERTOOTH Z87 店頭価格 28,000円前後

SABERTOOTH Z87

高耐久&防塵モデルの新型です。スペックは若干抑え目ですが耐久性が売りなので、ホコリの多い環境などや連続稼動させる場合などに最適です。ちょっとミリタリーな雰囲気の外観もポイントです。

GRYPHON Z87 店頭価格 19,000円前後

GRYPHON Z87

こちらも高耐久モデル。マイクロATXサイズです。ミリタリーなカバーは別売り(5,000円前後)となっています。

H87I-PLUS 店頭価格 15,000円前後

H87I PLUS

今回ASUSから発売された、唯一のLGA1150ソケット対応MINI-ITXマザーボードです。スモールPCにも最新のCPUを載せたい、という方に最適です。PCIEXPRESS16xを搭載していますので、外部グラフィックカードの使用もOK。メモリが16GBしか搭載できないのがネックですが、小さなハイスペックモデルの作成も可能です。

H87-PRO 店頭価格 14,000円前後

H87 PRO

Z87に比べお買い得感が高いH87の上位機種。搭載メモリがDDR-2800からDDR-1600になっていますが、既存パーツを流用するなら充分です。コストを抑えたい方におすすめ。nVidiaのSLIには対応していないのでGeforceでマルチGPUを行う場合はZ87必須になってしまいます。

H87M-PRO 店頭価格 13,000円前後

H87M PRO

マイクロATXモデルです。ATXモデルとの資料の上での違いはPCIポートを削っている部分くらいです。やや小さめの(それでも大きいですが)PCを組みたい方におすすめです。

 

H87-PLUS 店頭価格 12,000円前後

H87 PLUS

上記PROと比べ、DisplayPortとUSB3.0が減少など、若干スペックを抑えたモデル。でもこれでも充分ハイスペックです。

H87-PLUS 店頭価格 12,000円前後

H87M PLUS

こちらもマイクロATXモデル。PCI-EXPRESSx1とPCIポートの省略以外は同一スペックみたいです。価格もほぼ同一なので、ケースに合わせてチョイスですね。

H87M-E 店頭価格 11,000円前後

H87M E

マイクロATXモデルのみ発売されたエントリーモデル。店舗によっては1万円を切る可能性があります。とにかく安く仕上げたいという方におすすめです。

その他

まだ情報解禁されていないので記載できない機種があります。雰囲気はこんな感じです。

Unknown

こちらも情報解禁の際はいち早く記載します。本日現在のZ87マザーボード、代理店在庫はすでに完売しています。この未発表機種も含め当方で取り寄せもできますので、確実にゲットしたい、という方はご連絡ください。また、組み込みPCのご依頼も承ります。市販PCでは実現不可能なスーパーハイスペック環境を手に入れたい方、ご連絡お待ちしています。年間200台ペースで組み立てていおり、パーツ代+αで制作いたします。ご連絡はお問合せフォームまたはツイッターからおねがいします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)