ものもーす

Feed Rss

何かがズレている

05.21.2013, ネット炎上, by .

あさなまです。反響が大きかったのと進展がありましたので前回の続きを。このサイトの向きが重力に従順なので、ツイッターの向きは重力に沿った形(上から古い順)になおしてあります。デザインは残念ですが読みやすくなるように頑張ってますのでほめてください(笑)

前回の記事:乙武洋匡さん、障害者であることを理由に入店拒否

 

・レストラン店主、乙武さんの発言を否定していた

ganzo1

 

Yahooニュースを始め大手サイトに掲載されていることもあり、前回は名称を伏せていましたが実名で取り上げました。前回の記事では和解していましたが、何かギクシャクしています。

 

 

・双方の言い分が異なる

当時のやりとりですが、双方の言い分がかなり違っています。

乙武さんのツイートには

「それはホームページにも書いてあるんだけどね」――ぶっきらぼうに言う店主。「ちょっと下まで降りてきて、抱えていただくことは…」「忙しいから無理」「……」「これがうちのスタイルなんでね」

と書いてあります。乙武さんのツイートを見る限り、これはひどいお店で障害者差別じゃないか?という印象です。

ところが高田さんのツイートには

私は終始敬語で対応させていただきました。とうちのスタイルとは申してなく2階はエレベーターが止まらなく店内は段差があり車椅子の方は事前に御連絡がないとご案内が難しいと伝えましたが「うちのスタイルなんでね」と言ってはない事です。最後にお断りしてしまい申し訳ありませんでしたと頭を下げ謝罪しました。

このように、全く違う内容で書いてあります。乙武さんのツイートは障害者を差別するお店というイメージが、高田さんのツイートでは仕方なく丁寧に断ったという印象です。やり取りの録音や目撃した人がいない限り真相は不明ですが、どちらかが嘘をついてまで自分の立場を誇示しようとしているのは確かです。

 

 

・嘘をついた目的

どちらが嘘をついたのかはその場にいないと分かりませんが、双方事実と異なることを言っていたと仮定し、その目的を考察してみます。あくまでも公平な判断に基づいたものであることをご了承ください。

(1)乙武さんの場合

もし乙武さんが嘘をついていたとすると、障害者である立場を最大限に発揮するため、「障害者であることを理由に入店を拒否された」という事実にもっていくために、日頃ぶっきらぼうな表現やマナーの悪い顧客の愚痴を書いている高田さんの弱点を突いた書き込みであるのではないでしょうか。事実、障害者差別は良くないと思っている人達からは多数の声援が届いていますし、「イギリスでは訴訟問題」という第三者の意見も取り上げられていました。また、都教委という社会的立場もあり、発言の信憑性を高く捉える方も多数いらっしゃる模様です。ただ、乙武さんは過去にツイートの晒しあげ炎上を多々繰り返しているのと、フォロワー数を武器にした相手への攻撃を過去に何回も行い子役タレントがスタイルを真似ているため、一部ツイッター利用者からは乱暴だという評価がされています。現実空間では手足が無い障害者ですが、ネットの世界では手足に加え翼が生えているようなもので、逆らうものは消してしまう力を持っている状態です。過去に扇動をしている前歴から今回も立場を利用して差別に反対する人達を扇動しようとした可能性があります。

(2)高田さんの場合

もし高田さんが嘘をついていたとなると、お店の保身のため、ぶっきらぼうな態度で追い払ったことを隠蔽しようという目的があるのではないでしょうか。断った障害者が晒してクレームしてきたものの、世論が味方してくれたので、実際言ったことと違うことを書いている可能性があります。高田さんの場合も、乙武さんが過去に立場を利用して相手を潰しているのを逆手に取って、実際そんな風に言っていないと言っているのかもしれません。ちなみに、高田さんのお店に取材にいかれた方の記事を見つけました。文章は高田さん寄りという印象はあったものの、写真を見る限り事前連絡のない車椅子の飛び込みでは対応が難しそうな店舗です。

乙武氏ツイートの銀座の店に行き、店主に取材しました http://kasakoblog.exblog.jp/20523301/

 

・乙武さんが隠蔽

ところで、乙武さんと高田さんのやりとり、乙武さんはやり取りの中で高田さんのツイートをリツイートしていますが、高田さんは3つのツイートを送ったのに対し、乙武さんは最初のツイートしか公式RTしていません。というわけで見比べてみましょう。

ganzo2

 

高田さんのツイート

ganzo3

乙武さんのツイート

和解したはずですが、双方言い分が異なっているのもさておき、片方だけのツイートをみている場合は印象がかなり異なっています。どちらも相手にはごめんなさいをしながら、自分の正当性を主張されています。和解されたとされるツイートですが、

ganzo4

乙武さんのツイートを見る限り、高田さんがごめんなさいをしたので許してあげます的な内容でしたが、大事な部分が抜けています。

ganzo5

「ご案内が困難と判断しお断りさせていただきました」という一文が抜けているため、恣意的な非公式RTとも判断できます。なにしろ、直近で公式RTを使っていたのに非公式RTで文章を端折るという行動と、1ツイート丸々抜けているということに、乙武さんが自分優位に運ぶという意図が見え隠れしている、という判断ができるのではないでしょうか。乙武さんのツイートだけを見ている人は乙武さんすばらしい!ですけど双方のツイートを見た感想として、都合の悪い内容を隠蔽し自分の優位になるように抽出していると受け取れます。高田さんに関しましては返信していないため、一方的な和解とも判断できます。

・一度付いた火はなかなか消えない

今回、乙武さんがツイッターで仕掛けたのは明白なのですが、ある程度規模の大きいアカウントがあれば炎上をさせるのは簡単です。しかし、火の流れが変わってしまい自身が燃えてしまった場合、その火を消すのはとても困難です。「社会的弱者」と「大規模ツイッター」という2つの立場を使った相手への非難でしたが、ながら思ったとおりの結果にはならなかった模様です。

・他の障害者に迷惑も

また、一部の行き過ぎた擁護に反発してか、「障害者は手伝ってもらって当たり前という傲慢さがある」という評価がされてしまったことも残念です。バリアフリーで平等な生活という状況は望ましいのですが、一部の擁護する人の行き過ぎた言動が、逆に健常者をないがしろにしているといっても過言ではありません。実際に状態の違う両者に対し全くの平等というものは、緻密なバランスを取る必要もありますし大勢が納得できる状態にしなければなりません。例えば私の場合近所に貸し倉庫を借りているのですが、荷物を持って台車を押していると点字ブロックに何度もひっかかり行く手を遮られます。場合によっては引っかかった際に荷物が落ちることがあります。視覚障害者向けの舗装が荷物を押す人に取っては大きな障害になっているのですが、目の見えない人はこれがないと困るだろうなと思い我慢して荷物を押しています。あれがなければすごく楽に荷物の移動ができますが我慢しています。助け合いって押し売りするものではなく、譲り合いとちょっとの我慢で成り立っている者ではないでしょうか。

・立場の押し売りはヤクザ的手法

「障害者だから」「子供だから」など、一部の人達は立場を利用しているとしか思えない立場を取ります。極論ですがヤクザとやっていることはあまり変わりません。立場を武器に相手へ利益を強要するというロジックは全く一緒です。「可哀想だから手伝ってあげようよ」という世論と「怖いから言うことを聞く」という違いはあるものの一緒です。「あの人困っているから助けよう」というのは相手の自発的意思に基づくものですし、決して強要してはいけないのと、相手を窮地に追い込んでまで非難するのは立場の悪用、そう言われても過言ではないのではないでしょうか。

障害者のバリアフリーや差別の撤廃は割と身近な問題なので公平な立場で乙武さんも応援したいので、社会的立場を使った相手への攻撃とミスリードの誘発は撤回していただきたいというのがひとりの応援者の感想です。

One Response to 何かがズレている

  1. Pingback: 乙武さん、ブログで経緯を公開 | ものもーす

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)