ものもーす

Feed Rss

ツイッターのパクリBotを撃チン

05.09.2013, 未分類, by .

あさなまです。連日たくさんのアクセスありがとうございます。右側のプレゼントですが、今週末に抽選の予定です。支払用カードが限度額なので引き伸ばしているのは内緒ですので誰にも言わないでくださいね。

 

・おもしろツイッターがパクりだった!

本日ツイッターのタイムラインを眺めていたら、フォロワーさんの1人が「ツイートがパクられてる!」と言っていました。気になってみていると、フォロワーさんが管理している面白いネタのツイッターアカウントが別の人気ツイッターアカウントに自動的に転載されている状況です。折角考えたネタを転載されたフォロワーさん、折角なのでおもしろいネタを考えました。それは

ツイートを自動的に抜かれることを逆に利用して、アカウント移転ツイートをする

という作戦です。

 

 

結果は・・・?

大成功!見事にパクリ先のアカウントがツイートを拾いました。

pakuri2

 

 

その後どうなった?

パクリ先のアカウントを見てみると、なんとアカウントが消えていました。

heisa

と、思ったらアカウント名を変更しただけみたいです。元のアカウントにも別のアカウントが登場しています。

 

・ツイートのパクリは違法行為?

ツイッターの利用規約上は、ツイートを丸ごと真似るのは違反行為ではない(スパム報告してくださいとは書いてあります)とのことです。でもモラル的には一生懸命考えたツイートを一瞬で真似する行為ですので、無断転載された方は嫌な思いをすることになります。そもそも公式リツイートという機能があるので、ツイートを広めたいという目的なら無断転載する必要はなく、自分の創作物っぽくしたい場合に盗用ツイートするといった感じです。今回パクリツイートをしたアカウントの人も、なにか後ろめたいことがあったからアカウント名を変えたのではないでしょうか。また、パクリツイートを探してくれるサイトもありますので、無断転載されていないか確認することも可能です。

おいでよ!パクツイの森 http://pakumori.net/

※その後和解され、引用OKになった模様です。よかったですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)