ものもーす

Feed Rss

これは犯罪予告です

03.10.2013, ニュース, ネット炎上, by .

あさなまです。出来立てのサイトにも関わらず、毎日たくさんの訪問ありがとうございます。

一昨日から仕事が忙しく更新が遅れてしまいました。催促もありがとうございます(笑)

今回は、ツイッターを使った犯罪予告を題材に、インターネットでの人付き合いの方法を提案していきます。タイトルは人目を引きやすくしてあるので、このブログで犯罪予告をするわけではありません。余談ですが元警官の犯罪に関しては芸能人と同等以上に世間の目が厳しいので、例えば万引きなどの微罪でも普段は地方紙にすら掲載されない犯罪行為でも全国紙に掲載されてしまうので、元警察の人たちは生涯に渡り清く正しく生きていく必要があります。話がそれてしまったのですが、先週金曜日(3月8日)に、こんなツイートを見つけました。

twitter1twitter3


twitter2
twitter4 twitter5

 http://twilog.org/rorimian

毎年何人も逮捕されている殺害予告です。匿名のインターネットなら何をしても大丈夫だろうという甘い考えで書いたのかもしれませんが、全く無関係な私でさえ、ものの5分程度でこの人が愛知県一宮市在住の19歳女性、職業は大学2年生である可能性が高いということが分りました。ネットでの犯罪予告はれっきとした犯罪行為です。もし対象の場所に警察官や警備員が派遣されたりイベントが中止になった段階で威力業務妨害が成立し、刑事事件として逮捕され、民事事件として損失に対しての損害賠償が請求されます。たった140文字で場合によっては一生かかっても支払いきれない損害賠償が発生する場合があります。この手の犯罪予告はあとからいくら冗談だったといっても実際に影響が出た段階でアウトです。ただのイタズラでは済まされないので、皆さんは絶対に書き込まないで下さい。


aosima-42106L

・犯罪予告をする人の心理

では、どうして犯罪予告をするのでしょうか。私なりにいくつか原因を考えてみました。

(1)目立つから

誰かに注目されたいので奇抜な事を言ってしまえという動機があるのではと思います。人からかまって欲しくて嘘をつく、オオカミ少年と同じ理由です。ただオオカミ少年との違いは、本人がオオカミになってしまっている状態で、とにかく世間から注目を浴びたいため過激な内容にしてやる、といった感じでしょうか。今回はこのパターンと思われます。多くの人は、揉め事や悪いことを知るのが大好きです。悪をやっつけようという気持ちと好奇心、犯罪を防ぎたいという老婆心など、見に来る人の動機は様々ですが、奇抜なことをやって目立っても一瞬盛り上がるだけで、しばらくして忘れた頃に突然警官が自宅にやってきて逮捕、ニュースに実名&顔写真掲載と、想像以上に目立ってしまうことでしょう。

(2)止めて欲しいから

何もかもが嫌になって極刑を望んだ者が、刑を受けるために犯行を行うことを決意したものの、誰かに止めて欲しいという望みを託し、書き込んだケース。秋葉原連続殺傷事件の犯人がこのパターンでしたが、残念ながらとても人のいない掲示板への書き込みで誰にも発見されることがなかったため、悲劇が起こってしまっています。

(3)かっこいいから

テレビや小説などで犯行を予告している犯人がかっこ良く見えてしまい、自分でもやってみたくなったパターンです。あまりいないとは思いますが、変に影響を受けやすい人の場合は分かりません。例えばアニメ「攻殻機動隊」シリーズなど、犯人側にも犯行を行う理由、人生観などが織り込まれており、あまり物事を考えない人の場合、その格好の良さだけを真に受けて真似してしまう、というケースも考えられます。ただ、これはメディアが悪いというわけではなく、人として当たり前のやってはいけないことが何なのか分かっていない人が実行することで、一般的常識を持った人は影響を受けるまでもないのでは、と思います。テレビやアニメ、ゲームなど、○○が原因で犯罪をやってしまう可能性がある、という理論を立てる人が学者や新聞記者にもいるのですが、それは暴論にほかならず、実際に漫画「ONE PIECE」を読んで海賊になったという人やゲーム「ドラゴンクエスト」をやって勇者になったという人を聞いたことがないので、そんなことはないのでは。

 (4)内輪ネタだった

友達との間でだけ盛り上がろうとした冗談が、インターネットであっという間に広まってしまったもの。これはツイッターなどSNSツールの仕組みがよく分かっていない場合に起こりうる原因です。

omawari

他にも動機はあると思いますが、どの理由だったとしても馬鹿な行動であることは変わりありません。イタズラ目的だったとしても、冗談でいっていいこととダメなことの区別がついていない人なのでしょう。

 

 

・もし犯罪予告をしてしまったら

実際にやる人はいないと思いますが、イタズラ心で犯罪予告をしてしまいパニックになってしまった場合はどうすればいいでしょうか。いくつか解決方法を挙げてみます。また、お子さんが犯罪予告をやってしまった場合にも参考にどうぞ。

(1)他人のせいにする-解決できません

アカウントを登録しているパソコンを知人に操作された、携帯端末を落として書き込まれた、などという言い訳は通用しません。前者の場合、知人もまとめて取り調べを受ける羽目になってしまいますが、潔白が証明された段階で知人は開放され、同時に知人のせいにした本人が逮捕されることでしょう。証拠隠滅を測ったとして、裁判でも不利な状況になります。また、後者の場合、余程日時を開けていない限りは連続したツイートになるため、紛失を捏造するのは難しいでしょう。今流行のアカウントを乗っ取られた、というのも前後のツイートの関連性が強いため、言い訳にすらなりません。

(2)全ての関連ツイートを削除してアカウントも削除する-解決できません

一度インターネットに出回った情報を全て削除するのは、現在ではほぼ不可能です。この記事を作成している時には既にアカウントは削除されていましたが、外部のログサービスサイトにツイートが残っていたり、証拠としてスクリーンショットを保存する人もいるため、ツイートを削除しただけでは全く解決になりません。むしろ悪質な証拠隠滅と受け取られる可能性もあるため、ツイートを消すというのは少し様子を見てからのほうがいいです。

(3)出頭する-解決できる可能性があります

犯罪予告をしてしまった場合、速やかに交番や警察署に行くのが最善です。いいことなのか悪いことなのか、所轄の警察官はあまりインターネットのことがよくわからないケースが多いので、反省を態度に示して叱られて始末書を書けば、厳重注意で済まされる可能性があります。多分ですが本庁に連絡も取ってくれるので、実際に警備はされず威力業務妨害が成立することもないのではと思います。親御さんは付き添って一緒に謝ってください。ただ、必ずしも始末書で済むというわけではなく、最善の結果がそのような感じです。2回目以降の場合や、既に警戒警備が行われてしまった場合は手遅れです。また、手遅れでなかったとしても、連絡先などの個人情報は記録に残ります。学校への連絡はされる場合とされない場合がありますが、反省次第によるケースも多々あります。

1083c51da6

 

 ・犯罪予告者の末路

犯罪予告をしてしまった場合、逃げても警察に捕まりますし、出頭して厳重注意になったとしても記録には残ります。逮捕された場合、会社をクビになったり学校を退学になることもあります。たった140文字で人生を棒に振ることになるので、皆さんは絶対にやらないことと、お子さんがソーシャルメディアを使っている親御さんはしっかり躾をしておくことが大事です。大事になってしまった場合、お子さんの将来が閉ざされてしまうのと同時に、損害を与えた相手から損害賠償を請求される場合があり、内容によっては大きな負債を抱えてしまうケースも考えられます。そのため、お子さんがツイッターをやりたい、またはすでにやっている場合、このような行為の危険性をしっかり教えこむことが大事です。1回でも書き込みをすると、犯罪者予備軍にされてしまい、生涯に渡って不利な人生を送ることにもなりかねません。一度でも犯罪予告をした場合、ネット上で犯罪予告が行われた際に容疑者になる可能性が高くなります。1億人以上いる日本でも、この手の行動をする人は何人もいないためまっさきに疑われます。現在取調べ中の遠隔操作ウィルス事件の容疑者も前科があるのが逮捕要因の1つになっているというのが実情です。彼ははっきりした証拠がないだけで真犯人の可能性が高いのですが、本当はやっていないとしても前科があるせいで拘留期限が来ても別件再逮捕が繰り返されることでしょう。もしやってないにしても、前科持ちという事実が警察をそうさせているため、1度でも予告をしてしまうと濡れ衣を着せられる可能性だってあるのです。

url

 

・やたらなことは書かないのが一番

ツイッターではやたらなことは書かないのが一番です。犯罪予告や未成年飲酒、勤め先に来店した芸能人の話題、非合法行為の自慢など、あっという間に広まってしまいます。これらにより人生を大きく後退させてしまったり、実名が全国に知られてしまうなどのデメリットが大きく、日記帳感覚での利用は危険が伴うというのを認識し、影響を考えてからツイートすることが大切です。「投稿する」というのは「公開する」ということに等しく、発言には責任が伴う、と有名子役タレントも言っています。やたらなことは書かないのが一番安全です。また、返信やコメントは相手にしないことが規模を大きくしないコツです。変な文句を行ってくる人は面白がっているだけなので、無視しておくのがベストです。

 ・インターネットでの人付き合い

ネット上で他人への不満や愚痴を書くのをストレス発散にしている人もいるかもしれません。ただ、相手が誰か分かるような内容や、誤解を招く内容を書いた場合は思わぬトラブルに発展することもあります(←私など)知人同士ならグループ間の内部抗争にも発展しかねません。特にツイッターの場合140文字で思ったことを伝えるのは困難です。経験談も踏まえ、直接的にも間接的にも匿名だったとしても他人の悪口は書かないことが大事と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)