ものもーす

Feed Rss

【はるかぜちゃん】誤爆して中身がバレそうに…【記者Ⅲが振り返る】

09.01.2014, はるかぜちゃん, by .

というか、暗黙のあれで既に…

さて、エゴサで会話に割り込み、そこまでして否定したかった事って何だろうか。


・@ya***** 一年くらい前にお母さんがやってるってバレた?事件があったらしくて、本人ではないと言う人が多いですー!言う事があまりにも大人びていますしね  リプwww苦手っていってた矢先なので怖いですねww
・@act*****  それぼくが具合悪くて、ままに代理でTwitter休んでますーと書いてもらったときのやつを、悪意でキャプって拡散してる人がいるだけですよー(ω)

これが、何時の事で、何の事か定かではないですが、一年くらい前に母親が代理で呟いていた時期はありました。
しかし、代理で呟く前に、ものもーす管理人のあさなまさんへ誤爆した事で、中身が母親だとほぼバレたという事件がきっかけでした。
なので、「お母さんがっやってるってバレた?」はほぼ正解です。

当時を振り返ってみましょう。

誤爆の経緯
春名風花「@asa_nama 麻生さんこんにちは。今のアイコンの写真は、彼女がツイッターを始めた頃。一番楽しかった時代…」

はるかぜちゃん本人のアカウントでのリプライですが、「彼女が」というのは明らかにおかしいですね。
恐らく、母親が複数あるアカウントの内のどれかでリプライを送ったつもりが、はるかぜちゃんアカウントで送ってしまっていた…という事でしょうか。推測にすぎませんが、間違いないと思います。
その後、慌てふためいた母親は、自身専用のアカウントを作成。作成理由は「娘が病んだので代理で」という事でした。この時、「ツイッターを引退か」と、ニュースにまでなり、余計「二人羽織説」を広めた形に。

母親代理の頃の炎上事件は、「就学時間中のtwitter操作事件(関連記事)」ですね。懐かしい。

母親の名言といえば
「娘と違って人間に夢は見ておりませんので、話す価値の無い相手に無駄な時間を割くつもりはありません。」
「娘に構って貰えなくなったからって八つ当たりしないで下さいな。ストーカー予備軍さん達。」
「では後は鍵で。彼女も観察する相手が居なくなれば他の愉しみを見つけてくれるでしょう。」

就学時間中のツイート事件が収束するかしないかの所で、母親はアカウントを削除。病んでたはずの娘が早々に復帰。

と、いう、つまり、誤爆をごまかしたかったのかな?というだけの母親アカウントでした。
こういう経緯がありますので、「一年位前に、娘のアカウントでお母さんが誤爆した」というのは間違いないと思われます。

しかし、「悪意」で「キャプって」拡散してるってのは一体どの事でしょうか?
そもそも、「お母さんだとバレた?」って疑問の答えになってないのが気になりますね。
国語は満点だそうですが、他人が何に疑問を持っているのかくらいは、もうちょっと読解出来るようになるといいですね。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)